2010年08月17日

われは海の子

第2部は《バロック風「夏」》です。

新東京ヴィヴァルディ合奏団を率いる指揮者で作曲家の早川正昭さんの傑作に《バロック風「日本の四季」》というのがあります。これは、童謡などお馴染みのメロディを、春夏秋冬に分けてバロック音楽風にアレンジした室内オーケストラ用作品です。まことに楽しく、また美しい曲集です。

その中の「夏」全3楽章を、リコーダー合奏用に再アレンジしました。リコーダー3本+チェンバロという構成にしてみました。チェンバロは本番では電子チェンバロを使います。メンバーの高橋が担当します。

第1楽章は、

●われは海の子 〜バロック風「夏」

「われは海の子」は、文部省唱歌で作曲者不詳。作詞は宮原晃一郎といわれています。

※曲名を今まで「我は海の子」と書いていましたが、『日本唱歌集』(岩波文庫)を見ると、「われは海の子」と表記されているので、今後はこちらに統一します。


 われは海の子
 
 一
 我は海の子白浪(しらなみ)の
 さわぐいそべの松原に、
 煙たなびくとまやこそ
 我がなつかしき住家なれ。
 
 二
 生れてしおに浴(ゆあみ)して
 浪を子守の歌と聞き、
 千里寄せくる海の気を
 吸いてわらべとなりにけり。
 
 三
 高く鼻つくいその香に
 不断の花のかおりあり。
 なぎさの松に吹く風を
 いみじき楽(がく)と我は聞く。
 
 四
 丈余(じょうよ)のろかい操りて
 行手定めぬ浪まくら、
 百尋(ももひろ)千尋(ちひろ)の海の底
 遊びなれたる庭広し。
 
 五
 幾年(いくとせ)ここにきたえたる
 鉄より堅きかいなあり。
 吹く塩風に黒みたる
 はだは赤銅さながらに。
 
 六
 浪にただよう氷山も
 来らば来れ恐れんや。
 海まき上ぐるたつまきも
 起らば起れ驚かじ。
 
 七
 いで大船を乗出して
 我は拾わん海の富。
 いで軍艦に乗組みて
 我は護らん海の国。


後半の歌詞は一般にはほとんど知られていないのではないでしょうか。私も今回初めて知りました。
後半は漢語が増えて、勇壮な歌詞になっています。
最後はやっぱり、ああ、戦争のほうに話が行ってしまうのですね。残念です。
たしかにこうしてみると、学校で教えている三番までの歌詞が、幼き日の郷愁を磯の香に託して歌っていて、優れているように思われます。

リコーダーパートは、アルト1、アルト2/テナー1(持替)、テナー2。

《バロック風「日本の四季」》の多くの曲では、そう簡単に元のメロディが登場しません(^_^;)。メロディを匂わせておいて、きちんとした形で元のメロディが登場するのは、最後の最後だったりするのです。その登場した瞬間が実に気持ちいいんです。

この楽章は、明らかにフランス風序曲を模しています。前半は付点音符によるグラーヴェ、後半はアレグロ・ノン・トロッポのフーガになります。

このフーガがまことに凝っていて、テナー2のソロで始まるテーマは、どことなく「我は海の子」に似ているけれども違うメロディです。6小節目に、このテーマを追いかけてアルト1が入りますが、アルト1が入ったときに、今までテーマを奏でていたテナーパートに「我は海の子」の冒頭のメロディが聞こえるのです。「わーれはうーみのこ、しーらなみのー」というメロディが。つまり、テーマそのものでなく、新しく入ってきたテーマを受ける対旋律の部分に「我は海の子」のメロディが使われているわけです。

言葉では少しわかりにくいかも知れません。コンサートでは、演奏する前に実際に少し吹いてみて、わかりやすく解説したいと思います。楽しいですよ。

(イネガル)
posted by イネガル at 20:00| Comment(0) | 第2回コンサート曲目メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

ジャヌカン:ひばり

《いにしえの「春」》の最後は、

●クレマン・ジャヌカン:ひばり

日本、イギリスと来て、最後はフランスです。

ジャヌカンは16世紀フランスの作曲家です(1480頃-1558)。

15世紀末から16世紀にかけてのフランスでは、新しいタイプの「シャンソン」が作られるようになりましたが、その質量ともに最大の作曲家がジャヌカンでした。

新しいシャンソンとは、「親しみやすい旋律や軽やかなリズム、あるいは簡潔な書法を用い」て、「人間の生きる喜びを率直に表現してゆこう」とするものでした。「男女の間の現実的な愛の姿を描こう」として、時には「性の行為をそのまま描写して」しまうようなものも多かったとのことです(引用は、今谷和徳『ルネサンスの音楽家たち1』東京書籍より)。

「ひばり」は、1528年に出版されたジャヌカンのシャンソン集に収められているシャンソンです。この曲集を出版したのは、最初に演奏する「バスダンス“ラ・ブロス”」の作曲者ピエール・アテニャンでした。アテニャンはフランスで活版印刷による楽譜出版を最初に始めた人でしたが、そのアテニャンが、セルミジの楽譜集に続いて2冊目に手がけたのが、このジャヌカンの楽譜集でした。

この曲集にはほかにも、「鳥の歌」「戦争」「狩り」というジャヌカンの代表作が収められています。

本来のタイトルは、

 Or sus vous dormes trop (L'alouette)
 さあさあ、眠りすぎたよ(ひばり)

となっています。

本番までに歌詞(言語と翻訳)を調べたいと思っていますが、はたして見つかりますか…。

4声で書かれています。やや長い曲ですが、途中でひばりの鳴き声とおぼしい描写が現れて交錯し、聞いていても、吹いていても楽しい曲です。この泣き声の部分は、かなり長い時間、和声が変わらないんです。一つのコードの中でずっとひばりが鳴いてるんですね。ちょっとモード・ジャズのような感じです。

楽譜は、北御門文雄さんの『リコーダー四重奏曲集1/ルネサンス声楽曲』(全音楽譜出版社)を使います。リコーダー愛好家御用達の楽譜ですので、吹いたことのある方も少なくないのではないでしょうか。

このコンサート全体を通して、市販のリコーダー用楽譜を使っているのは、この曲とテーマ曲「バスダンス“ラ・ブロス”」だけです(もっとも「ブロス」のほうは楽譜ソフトに打ち直して、内容も少しだけいじっています)。

※追記(10.9.2)
8月26日の日記にも書きましたが、「ひばり」の歌詞を入手しました。
が、あまりにもあまりな内容のため、ここには書かず、当日会場で紹介することにします。

(イネガル)

posted by イネガル at 01:00| Comment(0) | 第2回コンサート曲目メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

モーリー:四月は愛しき人の顔

「さくらさくら」に続く《いにしえの「春」》2曲目は、シェイクスピアの時代のイギリスに飛びまして、

●トマス・モーリー:四月は愛しき人の顔

というマドリガルを演奏します。

モーリーは、ルネサンス末期のイギリスの作曲家(1557-1602)。シェイクスピアと同時代に生きた人で、シェイクスピアの戯曲の中にもモーリーの曲が使われたりしています。憂鬱さは少しもなく、いつも底抜けに明るいのがモーリーの特色です。

マドリガルとは、16世紀のイタリアで展開された声楽曲ですが、16世紀の後半には、そのイタリア・マドリガーレの影響を受けて、イギリスでもマドリガルが盛んにつくられるようになります。モーリーは、そうしたイギリス・マドリガルの重要な作曲家の一人でした。

イギリス・マドリガルの特徴は、イタリアのマドリガーレとは異なり、「民謡ふうの親しみやすい旋律、軽快なリズム感によって、音楽の自然な流れが尊重され、イタリア・マドリガーレの深刻で内的な表現は意識的に避けられている。イタリアのマドリガーレが宮廷人や人文主義者たちを中心とした貴族的な通人のための芸術であったのにたいし、イギリス・マドリガルは抬頭しつつあった中流市民に基礎をおいたアマチュアのための音楽であった」(皆川達夫『中世・ルネサンスの音楽』講談社現代新書)。

ということで、私たちも、明るく、軽く、感情豊かに歌うことを心がけたいと思います。

こんな歌詞です。

 April is in my mistress' face,
 And July in her eyes hath place,
 Within her bosom is September
 But in her heart a cold December

私なりにざっと訳してみました。

 四月は愛しき人のかんばせ
 目には七月
 胸の内は九月
 されど心の中は冷たい十二月

「心の中は冷たい十二月」というのがどういうニュアンスなのか、背景となっている事情がわからないために、よくわかりません。
彼女にフラれているということなのか、それとも、恋人同士ではあるものの彼女になにか深い悩みがあるということなのか…。

この曲のリコーダー用楽譜は売ってないと思います。私がイギリス・マドリガルを集めた楽譜を見ていて、「あ、これいいな。リコーダーで演奏してみたい」と思い、楽譜をリコーダー用に直したのです。ということで、リコーダー用の楽譜としてはオリジナルです。

(イネガル)

posted by イネガル at 01:00| Comment(0) | 第2回コンサート曲目メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

さくらさくら

演奏曲目について順にメモしておきます。

オープニングはテーマ曲、

●アテニャン:バスダンス“ラ・ブロス”

前回とは少しだけ違う解釈で演奏します。
同じことをやってもつまらないですからね。

続いての第1部は《いにしえの「春」》と題して、春に関する古い曲を3曲。

●さくらさくら

まずは日本における「いにしえの春」を。

お馴染みの日本古謡です。
ほぼミファラシドという都節音階でできています(一ヶ所だけレが出てきます)。

萩久保和明さんが合唱女声三部用に編曲したものを、私がリコーダー用(アルト3本)に直しました。
萩久保さんの編曲はとても良いものです(だからこそ、この編曲を選んだのですが)。
3声でありながら、2つの声部がユニゾンになっていて、2声で鳴っている時間が結構あったりします。
それでいて薄っぺらい感じは全然しません。
琴の音型を模した部分もあって、現代風な中に古式ゆかしい味わいも加わった編曲になりました。

桜は日本の国花ですが、実は時代によって実にたくさんのイメージを背負ってきた花なんですね。

平安時代は、奈良時代に入ってきた中国文化に対して、日本独自の文化を形成しようとした時代ですが、その象徴が桜でした(これに対して中国文化の象徴は梅です)。

奈良時代に編まれた『万葉集』は、桜よりも梅を詠んだ歌が多いのに対して、平安時代の『古今和歌集』では、梅よりも桜の歌が多くなります。

花見が庶民の間に広がったのは江戸時代です(花を見る習慣そのものは平安時代からありました)。上野・寛永寺が発祥だそうです。

幕府はその威信を高めるために名所を作ろうとし、寛永寺に桜を植樹したんですね。ただし、寛永寺は将軍家の菩提寺であることから、どんちゃん騒ぎは禁止でした。

どんちゃん騒ぎの花見が始まったのは享保時代、飛鳥山からでした。享保というと、八代将軍吉宗による「享保の改革」の時代ですね。吉宗は、江戸庶民に溜まった不満を癒す場所として、飛鳥山に桜を飢えました。そして、吉宗自ら花見の宴を開き、酒を飲んで騒いで見せたのです。それから庶民たちもどんちゃん騒ぎをするようになったのでした。

幕末にはソメイヨシノが誕生します。東京は駒込に染井村という村があって、そこの植木職人がつくった品種なんですね。

明治時代半ばには、東京のあちこちにソメイヨシノが見られるようになっていました。それが全国に広がっていくについては、東京に対する憧れがあったのです。そこでは桜は東京、すなわち文明や近代を象徴するものとしてとらえられました。

明治37年の日露戦争以後は、ナショナルなものが強調される時代でした。桜は日本という国の象徴すなわち「国花」として考えられるようになりました。

やがて桜は「軍国の花」としてのイメージが定着していくようになります。

太平洋戦争の時代、桜は「散華(さんげ)」の象徴となります。「潔く散る」ことが一つの美学となり、桜はその象徴となったわけです。

終戦後から高度成長期にかけて、日本人の心は桜から離れていきます。戦後の混乱期、桜は薪にするために伐採されました。高度成長期には道路整備のために桜は伐採されました。

その後、高度経済成長が行き詰まりを見せ始めた昭和30年代末ごろからは、全国各地に桜の植樹運動が起こるようになりました。環境保護の象徴というと大袈裟に過ぎるでしょうが、桜は私たちにとって、季節感の象徴であり、自然の象徴であるとも言えるのではないでしょうか。

(イネガル)

posted by イネガル at 00:30| Comment(0) | 第2回コンサート曲目メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

第2回“リコーダー日和”チラシ

第2回コンサート“リコーダー日和”のチラシデータをアップします。

プリントアウトしてお使いください。

チラシご持参の方は入場無料になります。
もっとも、チラシご持参でない方も入場無料ですけど(^_^;)。

PDFデータとJPEGデータでアップします。

PDFファイル

JPEGファイル
posted by イネガル at 14:14| Comment(0) | 第2回コンサートチラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

第2回“リコーダー日和”概要

■コンサート“リコーダー日和”概要

【名称】
“リコーダー日和”
第2回 晴れの日リコーダー合奏団 コンサート

【日時】
2010年10月3日(日) 14:00開演(13:30開場)

【会場】
国分寺Lホール
 東京都国分寺市南町3-20-3
 Tel.(042)327−1139
 ※JR国分寺駅ターミナルビル8Fです

【入場料】
無料

【問合せ】
harenohire♪yahoo.co.jp(♪をアットマークに変えてください)

【公式ブログ】
http://harenohire.seesaa.net/

【演奏】
晴れの日リコーダー合奏団
 大友浩、佐伯ひとみ、酒迎陽代、高橋里央

【曲目】
《テーマ曲》
 アテニャン:バス・ダンス“ラ・ブロス”
《四季のたのしみ》
いにしえの「春」
 さくらさくら
 モーリー:四月は愛しき人のかんばせ
 ジャヌカン:ひばり
バロック風「夏」
 われは海の子
 雨
 海
フーガな「秋」 −服部完治の世界−
 プレリュード「虫」
 秋のフーガ
 七つの子
ジャズの「冬」
 雪の降るまちを
 ペチカ
 ヴィヴァルディ:冬のラルゴ
ふたたびの「春」
 ヴィヴァルディ:協奏曲「春」(全曲)

【口上】
昨年おこなった旗揚げコンサートは、お陰様で大好評でした。
それに気をよくして、第2回コンサートを開催します。
今回も「オリジナル楽譜率」は極めて高く、既成のリコーダー用楽譜はテーマ曲ともう1曲だけです。
テーマを《四季のたのしみ》として、四季にちなむ曲を集めました。
春、夏、秋、冬、ふたたび春と、5つのコーナーに分け、各コーナーはそれぞれ異なる趣向で遊んでみました。
最後のコーナーでは、ヴィヴァルディの協奏曲「春」をノーカットで演奏します。
どなたにも親しみやすく、楽しんでいただけるコンサートになると思います。
ぜひお誘い合わせのうえお越しください!

posted by イネガル at 14:28| Comment(0) | 第2回コンサート概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

リコひろに情報掲載

「リコーダーのひろば」さんにコンサート情報を掲載していただきました。

今までは申請から掲載までに数日かかっていたのですが、
いつのまにか、画面の案内通りに手続きをするとすぐに掲載されるシステムになったんですね。

去る8月7日(土)に、今月のリハをおこないました。
今月までは月一回のペースでやってきています。
9月はもう直前の月なので少しペースが変わります。
少しずつ良くなってきていると思います。

いつもお世話になっている嶌田さんに録音していただきました。
聞くのが恐いですが、我慢して聞くとやっぱりいろいろ発見がありますからね〜。

ちなみに今回のプログラムを初めて聞いた嶌田さんは、
「アレンジがよくて、とても楽しいですね」
と言ってくださいました。(仲間内のヨイショ?)

来月はいよいよ細岡さんに見ていただくことになります。
先日、細岡さんには全曲のスコアをお送りしました。
お忙しいので「じっくりと見て下さい」とは言えませんが、大雑把な雰囲気だけでも知っていただけたらと思ったものですから。

そうそう。
お声がかかって、今月22日に某所で出張コンサートを行うことになりました。
詳細がまだよくわからないので、改めて紹介するなり報告するなりします。

既に曲目も確定していますので、そろそろ各曲目についてのノートを書き始めます。

というわけで、これからはときどき覗きにおいでください。

(イネガル)
posted by イネガル at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

コンサートの開演時間、決まる!!

10月3日(日)我らが晴れの日の第2回コンサートの開演時間が決まりました。
午後1時30分 開場、午後2時 開演です。これでチラシもつくれますね。

13日は練習日でした。
午前中は4人で、午後は3人での練習でした。
家で一人で練習したときと、メンバーと合わせて吹くのとでは、やはり勝手が違い、あたふたしっ放しの私でした。
でも、これがアンサンブルの難しさでもあり、楽しさでもあるんだろうなとつくづく感じました。
さあ、みなさんに少しでもいい演奏を聞いていただけるよう、練習、がんばらなくちゃ!!

(楓)
posted by イネガル at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

電子チェンバロを入れて初練習

今日は電子チェンバロを入れての初練習でした!

こんなに早い時期からチェンバロがお借りできるなんて、なぁ〜んて
贅沢なんでしょう。
北村先生に感謝です。

4月26日の記事にあるように、今回のテーマは「四季」です。
大友は季節の循環に着目した説明をしていましたが、私は、季節の
それぞれが違ったきらめきを持つことにうたれます。
春の芽吹きの生命の喜びは誰もが感じるところでしょう。
では、対局にあるかのように思われる冬は、ただただ過酷な、
身も心も凍りつくだけの季節なのでしょうか。

さて、そんなわけで選曲がほぼ決定しました。
今回も、ちょっと自信アリです。
楽しみにしていてくださいね。

(こなつ)
posted by イネガル at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

電子チェンバロを借りる

演奏会で使う電子チェンバロを拝借しに、私の師匠でもあるリコーダー奏者の北村正彦先生のお宅まで行ってきました。

「夏」の部で、チェンバロを入れる予定なんです。
全体の良いアクセントになると思います。

昨日の夜に伺って、その日は二人でうだうだとイッパイやりました。
久しぶりにお会いしたので、楽しかったです。

新築の北村邸は素晴らしいお宅でした。
半地下に音楽室があり、アンサンブルの練習も楽々できるほどの広さでした。
さまざまな音楽書や楽譜も未整理のまま棚に並んでいました。
ダイニングルームのテーブルはブビンガだというのが自慢だそうです。
ブビンガはリコーダーの材質にもなる木ですね。
ホテルの一室のような部屋に寝かせていただきました。

今日の午前中に帰宅しました。

お借りした電子チェンバロは、ローランドの初期のものです。
いろんな調律がボタン一つでできるところが便利です。
ただし、当面マニュアルがないので、手探りでやらなくちゃ(^_^;)。

(イネガル)
posted by イネガル at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。