2010年08月29日

ペチカ

《ジャズの「冬」》の2曲目は、

●ペチカ

北原白秋作詞、山田耕筰作曲。


 ペチカ
 
 雪のふる夜はたのしいペチカ。
 ペチカ燃えろよお話しましょ。
 むかしむかしよ、
 燃えろよ、ペチカ。
 
 雪のふる夜はたのしいペチカ。
 ペチカ燃えろよ、おもては寒い。
 栗や栗やと、
 呼びます、ペチカ。
 
 雪のふる夜はたのしいペチカ。
 ペチカ燃えろよ、じき春来ます。
 いまに柳も、
 萌えましょ、ペチカ。
 
 雪のふる夜はたのしいペチカ。
 ペチカ燃えろよ、誰だか来ます。
 お客さまでしょ、
 うれしい、ペチカ。
 
 雪のふる夜はたのしいペチカ。
 ペチカ燃えろよ、お話しましょ。
 火の粉ぱちぱち、
 はねろよ、ペチカ。


『日本童謡集』(岩波文庫)によれば、「南満教育会用として作ったものの一つ」とのこと。
作曲は大正12年12月、と記されています。

ペチカとはロシア式の暖炉のことですね。
満州の冬はとても厳しいですから、ペチカは身近なものだったでしょう。

松下美千代さんのピアノ用ジャズアレンジを、リコーダー用に再アレンジしてみました。
明るく、温かい雰囲気で、ぬくもっていただこうというわけです。

松下さんの編曲は、冒頭にテーマと関係ないイントロを置き、それを間奏としても使うという素敵なものです。
中ほどで、少しですが、アドリブっぽいフレーズも挟んでいます。

ピアノ用アレンジでは、フェルマータのついた非常に高い音が出てくるのですが、リコーダー用アレンジでは、これを逆に、グレートバスの最低音に置き換えてみました。
自分で言うのもナンですが、これがなかなかいい感じです。

(イネガル)
posted by イネガル at 00:00| Comment(0) | 第2回コンサート曲目メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。