2009年10月09日

皆さまのご感想(3)

つづきです。


●モーツァルトがよかったなぁ(しおぱん)

昨日は楽しませてもらったよ。
私としては、モーツァルトがよかったなぁ。フルート四重奏曲素敵でした。
あと、ちんちん千鳥、バスアンサンブルのめでたし女王とか良かったです。
バッハは、全般各自個性が強いような気が…プログラムの前半だった
せいもあるかな? 次回、リコーダーオリジナル曲が聴きたいなぁ。
楽器は、聴くより演奏する方が楽しいって、阿波踊りみたいに感じてたけど、
聴くのもいいもんだ、とおもったよ。
発表会は、聴いててだんだん飽きてくるけど、晴れの日はトークの面白さもあって、
楽しかったです。
吾亦紅への情熱が、50代男性?ではないだけに、今一つ伝わらず、
ちょっぴりコミカルな気持ちで聴いてしまった・・ラスト近くのソロのフレーズ、
「おぉはまってる」って思って、ちょっとうけた。

(こなつ宛のメールより)


●時間が短く感じた(天野誠夫)

”晴れの日リコ−ダ−合奏団”旗揚げ演奏会はとても楽しいひと時でした。
とにかく時間が短くて惜しい思いがしました。

響きの良い会場、4人の方の演奏に聴きほれた2時間でした。
私には細かい演奏技術について申し上げる能力がありませんが、
リコ−ダ-の澄んだ音色、かなでられた歌の表現に感激しました。

それと皆様が演奏の合間に微笑んでおられたのが印象的でした。
和やかな会で次回が待たれます。

(イネガル宛のメールより)


●不思議な開放感(山田竜也)

先日は楽しいコンサートにお誘いいただきありがとうございました。
なかなか自分からは出向かないジャンルなので教えていただき本当に
よかったです。

大友さんのMCも楽しく、演奏者でいながらもっと身近な感じのする、
まさに噺家さんとシンクロするようなイメージを受けました。演奏そ
のものも舞台にいながら、路上ではじまり我々がそれを囲んでいるよ
うな、不思議な開放感を感じるものでした。

帰り際にも少し話したのですが、リコーダーについては、小中学生が音
楽の授業で習う楽器(いわゆる縦笛)のイメージしかなかったので、こ
れほどバラエティー豊かなタイプがあり、音色が聴けることにまず驚き
でした。そんな予感はしていたのですが、実際に聴いてみるとやはり新
鮮でした。
大きな体で小さなフルートを吹く大友さんと、小さな体で大きなフルー
トを吹く女性の方のコントラストが印象に残っています。指先だけでな
く全身で吹くものなのですね。
リコーダーのイメージが変わったといいますか、再発見したような気持
ちです。

演奏後の充実感あふれる大友さんの姿を見て、こちらもうれしくなりま
した。

(イネガル宛のメールより)


●和やかな雰囲気の中で(nene)

先日の“晴れの日リコーダー”旗揚げコンサートでは、和やかな雰囲気の中でゆったりとした心持ちで息の合った演奏を味わうことができました。
また、「発情した若者?」トークにはいつもの大友さんがはじけていて、ついついうけてしまいました(笑)
演目すべてにアレンジ、工夫があり、また演奏している皆さんの表情がなんとも素敵な笑顔でした。
また、次回を楽しみにしています。本当にありがとうございます。

(イネガル宛のメールより)


●楽しい中秋の名月の晩に(青木節子)

昨日のコンサートありがとうございました。
短期間のあいだにあれだけの曲数をこなすなんて、すごーい!!
前半のバッハ、モーツアルトよかったです。すごいなあと聴き入りました。
そして、大和田ワールドも楽しめました。ドラキュラの楽譜、見てみたいなあ。
素敵な編曲満載で、楽しい中秋の名月の晩となりました。
本当におつかれさまでした。

(佐伯宛のメールより)



posted by イネガル at 01:00| Comment(0) | 第1回コンサート報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。