2009年10月07日

皆さまのご感想(1)

当日のアンケートにお書き下さったご感想を、全てアップします。

アンケート用紙には、「コンサートのご感想やご要望を、メンバーが傷つかない程度にお書き下さい。」と書いたせいか、好意的なご感想ばかりで、関係者一同とても嬉しく拝見しました。
お書き下さった方々に、改めて御礼申し上げます。

なお、アンケート用紙には、お寄せいただいたご感想は当ブログに掲載させていただく旨、あらかじめアナウンスしてありました。

順不同。敬称を略させていただきました。


●木村(栃木県那須郡)

リコーダー入門という講座を受講し1年、小学校以来のアルトリコーダーの練習をしました。
たった5人の50才を過ぎた女性ばかり、簡単な曲が吹けるようになり、楽しくなってきました。
先生に「リコーダーの広場」の話を聞き、開いてみたところ、丁度東京府中に来る用事があったので、来てみました。
楽しそうに演奏されている様子を見、素敵な曲を聞いて、思いきって来てよかったと思います。
これからも少しずつですが上達するよう、練習したいと思いました。


●河西恵里(東京都世田谷区)

リコーダーののびやかな高音が美しく出ていました。
Goldberg のフーガ、とてもきれいでした。
リコーダーの音色を見直す(聴き直す?)良いきっかけとなりました。


●櫻井眞里子(埼玉県さいたま市)
               ・・・・
中秋の名月の夜、充実した演奏を安心してゆったり聴けて、
とても良い一時でした。
ありがとうございました。


●お名前なし(東京都板橋区)

クラシックあり、童謡あり、とても良かった。
モーツァルトがステキでした。
日本の曲の編曲が良かった。
トークもおもしろく楽しめました。


●坂本(神奈川県相模原市)

皆さんお上手で感動しました。
眠ってしまうかと思っていたのですが、
そんな事なく楽しませていただきました。


●尾曽越俊邦(東京都小金井市)

大変素晴らしかったです。
ハーモニーを楽しみました。


●大島一視(東京都杉並区)

リコーダーアンサンブルの魅力をたっぷりたのしませていただきました。
なかなかすてきなコンサートでした。


●松本和子(東京都武蔵野市)

とても楽しくきかせていただきました。
ありがとうございました。


●チャーリー(東京都小平市)

晴れの日のリコーダー及び大友さんのブログ拝見しました。
大友君の語りはいつも流暢ですね。学識が豊かなんですね。
楽器紹介もかわいかった。
メンバーの一人一人の力量のうまさが、各パートによく出ていましたね。
ラ・ブロスの選曲は良いですね。11月の小平リコーダーアンサンブルでもやりますよ。
バッハ、ゴールドベルグ〜平均律、編曲でご苦労されたようですね。
ゴルトベルクのアリア、大友君のセンスの良さがにじみ出ていました。
ゴルトベルクのソプラノは、ガナッシタイプで吹くといいかも。
モーツァルトの四重奏も良かった。
二部の大和田先生の編曲、素晴らしかった。
「こんぴら〜」が一番良かった。
全体の構成も、バッハ〜モーツァルト〜日本のメロディと充実していましたね。

※小平リコーダーアンサンブルの定期演奏会は、2009年11月29日に開催だそうです。14:30開演、ルネこだいらレセプションホール。


●みゅしゃ(東京都杉並区)

・4人の方の息がぴったりと合っていて、気持良かったです。
 アンサンブルの楽しさが伝わってきました。
・モーツァルトの2曲のアリア、素敵でした。
 リコーダーの編曲は初めてでしたが、モーツァルトの天真爛漫さがきわだっていました。
・「めでたし、女王よ」は、リコーダーの響きが、心にしみました。
・すてきなコンサート、ありがとうございます。


posted by イネガル at 01:00| Comment(0) | 第1回コンサート報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。